水素水おすすめランキング(比較)
★水素水おすすめランキング(比較)>水素水関連ニュース・トピックス

◆水素水関連ニュース・トピックスについて

●水素温熱免疫療法
強い酸化還元力・活性酸素除去力を持つ超高濃度水素水と、免疫力アップ・細胞修復などに効果がある温熱療法の利点を組み合わせた画期的なものです。

40度のお湯でも「水素」が抜けないように開発した、温熱治療方法が行なわれています。中性で身体に有益な作用をもたらすレベルの40度前後の温度で、身体を加温できる超高濃度の水素水を用い、身体の免疫力(自己治癒力)を高め、ガン、アトピーやリウマチなどの膠原病、不妊婦人科系疾患、パーキンソン病、白血病、アルツハイマー、エイズなどあらゆる病気に効果が期待できます。

●水素水点滴療法
人間の体の中には、血管がはりめぐらされていますが、その中に、血管内皮細胞というものがあります。これは全身分の量をはかると1kg、面積にするとテニスコート6面分、長さにすると地球2周半もある、非常に大事なものです。この内皮細胞が活性酸素によって攻撃されると、ガンなどの危険性が高まります。

内皮細胞の活性酸素に、点滴で水素を送り込むと、活性酸素が水に変わって、尿として排泄されます。そうして健康を保つというのが、水素水の点滴療法です。

●水素ガス吸入療法
分子状水素ガス(H2)を大量に発生できる発泡水素発生材(発砲水素材)が開発されました。水素ガスが目で確認でき、家庭で安全に使える化学製品です。

この発泡水素発生材の特長は、素材は全て食品添加物で調合され、水に沈めるだけで始まる化学反応で、純度99.9%の分子状水素ガス(H2)を1グラムあたり500ml~600mlと大量に発生させます。

これを顔につけたマスク内に送り込み、吸入することで病気の治療や予防、美容面でも効果を発揮します。

●ダイバーを救う水素水
ダイバーの健康を脅かす最大の敵は、「活性酸素」だそうです。ダイバーは減圧症(潜水病)といって、異なる気圧の場所を移動することで、体内の窒素ガスなどが気泡化する病気になることがあり、 その治療のために再圧チェンバーという空間で酸素を吸入します。

過剰な酸素の吸入で「活性酸素」が発生しやすくなり、生活習慣病にかかりやすいそうです。そこで、「水素水」を試したところ驚くほどの効果があったそうです。

●水素水がミトコンドリア病の改善
ミトコンドリアは、私達人間のエネルギーを生み出すため大切な細胞小器官です。ミトコンドリア病は、このミトコンドリアからエネルギーが作り出せなくなるという難病です。

ミトコンドリア病のなかのメラスという病型の原因遺伝子がその原因ということが分かっていますが、その治療法はまだ分かっていないそうです。最近、このミトコンドリア病の改善に「水素水」が効果があり、副作用もないことが分かってきたそうです。

●慢性腎臓病、腎不全の改善
水素を含む電解水素水が慢性腎臓病の心腎連関障害を予防する可能性を示し、今後新たな予防対策として展開することが期待されます。

また血液透析において酸化ストレスは炎症などの障害となると考えられています。血液透析用水に水素水を使用することで、透析患者の慢性炎症、酸化ストレスを抑制することを見出し、血液透析に対する臨床応用の可能性があることが分かってきています。

●病原体の退治は体温37度から 大阪大が生体防御(免疫)の仕組みを解明
インフルエンザなどの病原体に感染し体温が37度まで上がると、血液の中で水素イオンが放出され、病原体を殺す活性酸素が作られ、感染症を治そうとする仕組みが働き始めることを、大阪大学の研究グルー­プが世界で初めて解明しました。

●日本機能水学会第13回学術大会にて高知大学と日本トリムが共同研究が発表:水素水の植物への効果
日本機能水学会第13回学術大会(東京・新宿区)が2014年10月18日(土)~19日(日)に開催され、機能水に関する最新の研究が発表されました。

アルカリイオン水(=電解水素水)にまつわる発表も複数ある中で、日本トリムと共同研究を行っている高知大学農学部の石川勝美学部長が「今後の機能水の農業(植物)分野への期待」と題し、水を電気分解をして生成する電解水素水による植物への効果について発表がありました。

コマツナの養液栽培試験において成長促進やβ-カロテン・ビタミンC等の抗酸化成分の含有量増加がみられたこと、さらにコマツナの受ける酸化ストレスが軽減されたとみられるデータが紹介されました。

電解水素水の農業(植物)への応用は、農業の低コスト化や高品質な作物の安定生産などに貢献するとして、ますます期待が高まっています。

●心停止後の脳へのダメージを水素が抑制
心筋梗塞などで心停止になったマウスに、蘇生の直後水素ガスを吸わせる実験で、水素ガスを吸わせなかったマウスの1週間後の生存率が38%に対し、水素ガスを吸わせたマウスの生存率が71%という研究結果が慶応大学のグループより発表されました。

この生存率の違いは、蘇生後の脳のダメージを水素ガスがくい止めたためという結果になります。

医療現場の蘇生の措置では、脳のダメージを防ぐため低体温にして行っていますが、水素ガスを吸わせて緊急措置をする方が迅速に簡単に行われ、なおかつダメージを軽減させることができるため、今後臨床試験後の人への応用が期待できます。

おすすめの水素水は
<<水素水おすすめランキング(比較)>>
のページをごらんください。