水素水おすすめランキング(比較)
★水素水おすすめランキング(比較)水素水を自分で作る場合の参考記事一覧>7waterセブン・ウォーターで水素水を作る時に発生する水素ガスもれの対策

7waterセブン・ウォーターで水素水を作る時に発生する水素ガスもれの対策について

セブン・ウォーター 7waterのスターターセットには、500mlのペットボトルが付属で2個ついています。

水素水を自宅で作る場合、最初はこれを交互に毎日使いますが、1ヵ月以上使うとガスもれが起こりやすく、少し早めに取り替えないとせっかくの水素発生剤が無駄になってしまいます。

ペットボトルが耐圧といえどもボトル内の圧力が非常に高く、何回も使っていると老朽化などで樹脂からガスがもれるためだと考えられます。

7waterの場合水素ガスが発生し終わるまで12時間から24時間待たなければなりません。

その間発生した水素ガスがペットボトルからもれていると、飲みたい時に水素水が飲めないのでガックリしますし、水素発生剤の無駄とまた作る時間の無駄になります。

この悲壮な状況を経験しないためにもペットボトルは早めに交換することをおすすめします。

photo86純正ペットボトルは別に注文できるそうですが、市販の耐圧のペットボトルだけならすぐに手に入ります。

ところが、ペットボトルを使い始めてからそれほど日数がたっていないのに、水素ガスが急に漏れやすくなる時があります。

ペットボトルのキャップのネジ部分は思った以上に気密性が弱く、何回もキャップを開閉しているとガスがもれやすくなっているためだと考えられます。

このガスもれを防ぐためのウラわざをご紹介しておきます。

セブン・ウォーター 7waterで水素水を作るとき、ペットボトルに水をそそぐ前に、写真の右下のシールテープをキャップのネジ部分に巻きつけておきます。

これに水をそそいでから水素ガス発生剤を入れてキャップをキッチリ占めると、キャップ部分のすき間が埋まりキャップ部分のガス漏れを防ぐことができます。

シールテープ代と少しの手間が余計にかかりますが、ガスもれで高価な水素ガス発生剤を無駄にすることも少なくなります。

セブン・ウォーター 7waterで水素水を作るとき、ペットボトルの不具合でガスもれが発生したからといっても、メーカーの保証外になります。

あらかじめこのような注意をしておくほうが失敗もすくなくなるようです。

ちなみにシールテープは、ホームセンターなどで1個150円(20m巻)程度で売っていますので負担も少ないようです。

健康や美容効果のため「水素水」を生活に加えた未来志向のライフスタイルをぜひご検討ください。

高濃度の水素水をご自分で作りたいとお考えの方は・・・
<<7waterセブンウォーターの情報はこちらから>>