水素水おすすめランキング(比較)
★水素水おすすめランキング(比較)>水素水はどれくらいもつか?

◆水素水はどれくらいもつか?について

水素水は清涼飲料水の商品として扱われていますので、品質保持期限や賞味期限という記載が義務づけられています。

容器の裏面には必ずこの項目が記載されていますので、期限内で飲まれることをおすすめします。水素水の品質保持期限や賞味期限は、水素溶存濃度がなくなる期限ということなので、いくら密封した容器でもこの期限が過ぎると水素がなくなります。

この期限が過ぎても、未開封であれば通常に水のように飲めるようです。 飲んでもまったく抗酸化効果が期待できませんが、原料に天然水が使われている場合、おいしく飲めます。ただし、変な臭いや味、水が濁っている場合など危険なので飲まないようにしてください。

水素水開封後どれくらいもつかが問題です。250mlから300mlサイズなら一度に飲みきれますが、500mlから550mlサイズなら、一度に飲みきると胃に負担がかかります。

photo9容器の構造がよければ、一度飲んだ後空気を抜いてキャップをしっかり閉めることで、かなり持つようです。

実際に溶存水素濃度判定試薬を使って550mlサイズの水素水でテストしてみました。

開封時、溶存水素濃度判定試薬で調べると、溶存水素濃度が1.1~1.2ppmでしたが、一度飲んでからこの方法でキャップを閉め、8時間から10時間放置してもう一度溶存水素濃度判定試薬で調べると、0.9から1.0ppmありました。

おそらく水素水容器の構造にもよりますし、放置しておく場所などの条件が変われば、この数値も変わってくると思われます。こちらで残存水素濃度を保証するものではありませんのでこれはあくまでも参考の数値です。

また、製造後どれくらいの日数が経過したのかによっても変わってくると思われます。そして、キャップをはずしたままで放置した場合も条件が変わってくると思います。

いずれにせよ、水素水は水素が抜けてしまうと価値がありません。水素水は水を飲むという感覚ではなく、水素を体に行き渡らせるというとらえ方が正しいと思われます。キャップを開けたら、できるだけ早く飲むことをおすすめします。

美容と健康のため、ぜひ一度水素水を生活に加えた未来志向のライフスタイルをご検討ください。

おすすめの水素水は
<<水素水おすすめランキング(比較)>>
のページをごらんください。