水素水おすすめランキング(比較)
★水素水おすすめランキング(比較)>水素水のランキングで水素含有量の比較測定検査

◆水素水のランキングで水素含有量の比較測定検査

水素水は飲みやすさも大事なポイントですが、一番重要なのは飲むときの水素含有量です。このページでおすすめしているアキュエラ「水素水7.0」ppmスターターセットには、水素水の水素含有量を検査する「溶存水素濃度判定試薬:メチレンブルー」をつけて販売していますが、たいていはそのようなものはついていません。

水素水容器の裏面に書かれている水素含有量は、正確には製造時の水素溶存濃度です。この数字をそのまま鵜呑みにしてもいいですが、一番重要なのは飲むときの水素含有量です。

確かにこの表示水素含有量も、買う時の判断材料になることは違いありません。 ただ水素含有量が1.6ppmと記載されてあっても、製造時であれば自宅まで届くあいだにどうしても時間が経過しますので、水素溶存率が落ちていきます。

水素水に含まれている水素が抜けていく理由には、容器にもあります。たとえばペットボトルは高分子樹脂でできていますので、分子の中でもいちばん低分子の水素がすり抜けるのは当たり前のことです。だからこのサイトではペットボトルの水素水はおすすめしていません。

メチレンブルー 次に、容器の材料はアルミニウムが経済的でいいのですが、アルミ缶ですとやはり空気と接触する割合が高く、一度で飲みきれないときに放置していると、水素はすぐに抜けてしまいますので、これもおすすめしていません。

すこし飲みづらくなりますが、やはりアルミパウチ型の方が水素が抜けにくく、飲んだ後の空気を抜いてからきっちりフタをすれば、少し放置しても水素溶存率は高いままです。また、水素の抜けにくさを考えると4層構造が適しているようです。

製造工程で手間がかかりアルミニウムの材料代も少し高くなりますが、水素を摂ることが一番の目的の水素水にはこれがベストのようです。

容器の廃棄には金属類の回収扱いにすれば、アルミニウムも再生利用もできます。もう一つは、水素水から水素を抜けにくくする製造過程です。水素水の製造過程では、各社それぞれ水素水から水素溶存率を保つ工夫をしているようです。

最近では、高圧下で水素をナノバブル気泡にして水に溶け込ませた、ナノバブル水素水というのもあるそうです。

しかし水素水に記載している水素含有量と、実際に口にする時の水素含有量の違いが気になるところです。

そこで、このサイトでは実際に水素水の水素含有量を検査する「溶存水素濃度判定試薬:メチレンブルー」を買って、飲むときの水素水に含まれている水素含有量を検査し、ランキングで比較表示したわけです。水素水おすすめランキング(比較)のページをごらんください。)

美容と健康のため、ぜひ一度水素水を生活に加えた未来志向のライフスタイルをご検討ください。

おすすめの水素水は
<<水素水おすすめランキング(比較)>>
のページをごらんください。