水素水おすすめランキング(比較)
★水素水おすすめランキング(比較)>水素水効果のメリット

◆水素水効果のメリットについて

老化や病気の原因は体の中に発生した活性酸素が細胞を傷つけ、その機能を悪化させることが原因のひとつだといわれています。この活性酸素の悪影響を抑えるのが抗酸化作用です。

私達人間の体で抗酸化効果が期待されるのは、抗疲労、抗炎症、免疫強化、持久力強化といった健康面の効果や、コラーゲンやヒアルロン酸といった肌の保湿成分の回復、血流を促進し肌の代謝を高めるなどの美容効果です。

健康面でも美容面でもこの活性酸素の働きを抑える、抗酸化効果のより高い成分が求められています。

たとえば、サプリメントなどでよく使われているポリフェノールには4,000以上の種類があり、代表的なものではブルーベリーのアントシアニン、大豆のイソフラボン、お茶のカテキン、ごまのセサミン、ウコンのクルクミン、トマトのリコピン、そばのルチン、にんじんのβ‐カロテンなどがあります。

最近話題になっているぶどう種子エキスのプロアントシアニジンは、フラボノイド系ポリフェノールとして強力な抗酸化効果があることで有名です。

なかでも、もっとも注目されているのが、スーパーカロテノイドのアスタキサンチンです、アスタキサンチンはヘマトコッカス藻の食物連鎖により、鮭や蟹がもっている赤色の色素となっているといわれています。

photo41 アスタキサンチンは、なんとビタミンEの約1,000倍といわれる強力な抗酸化効果があるそうです。

ところが、このような強力な抗酸化効果のある成分でも、口から摂ったとき強い胃の酸で消化され、実際にその効果がほしい成分が、体全体に届いているとは限りません。

さらにサプリメントとしてこのような強力な効果がある成分を摂る場合、少し心配があります。それはサプリメントの副作用です。

サプリメントは医薬品ではありませんので、病気を治すために使われる成分は含まれていないとは思われますが、このような強力な抗酸化効果がある成分を摂り続けていると、なにか体に悪影響がでてこないとも限りません。

もう一つはサプリメントに含まれている添加物です。サプリメントには多くの添加物が含まれています。錠剤形成のための賦形剤や、結合剤、それを体内で溶けやすくするための崩壊剤、錠剤の圧縮形成のための滑沢剤などがそうです。

サプリメントのなかにはその主要成分以上の添加物が含まれている粗悪品もあるそうです。

それにくらべ水素水の抗酸化作用は、ビタミンCより弱いといわれています。それではなぜ水素水の抗酸化効果はポリフェノールより優れたメリットがあるのでしょうか。

それは水素の分子が小さいことです。水素水効果のメリットは、水素の分子が小さいので体全体の細胞のどこへでも行くことできることはもちろん、実際にその効果がほしい場所へ容易に到達し、抗酸化効果を発揮してくれます。

そして、水素水効果のメリットはサプリメントのような副作用の心配もありませんし、添加物が入っていることもありません。これが抗酸化効果で水素水を選ぶ大きなメリットなのです。

美容と健康のため、「水素水」を生活に加えた未来志向のライフスタイルをぜひご検討ください。

おすすめの水素水は
<<水素水おすすめランキング(比較)>>
のページをごらんください。