水素水おすすめランキング(比較)
★水素水おすすめランキング(比較)水素水の健康効果記事一覧 まとめ2水素水の健康効果記事一覧 23(水素水と頻尿の関係など)>水素水と頻尿の関係

◆水素水と頻尿の関係について

水素水を飲むと尿が増える(水素水を飲んでおっしこがちかくなった)という投稿がよく見られます。確かに私もトイレに行く回数が増えたことは間違いありません。

ただ、水素水を飲むことで体内の活性酸素と水素が反応し、水となって体外に排泄されるので尿が増えたというのは考えられません。

たとえば1.0ppmの水素含有量の水素水1,000mlを飲んだとしても、1ppm = 0.0001%なので、0.001mlの水素分子ということになり、これが酸素と反応して水になったとしてもごくごくわずかなので、尿の量が増えるまでは影響されないでしょう。

私もそうですが、今までにたびたび水だけを飲むことがなかった方が、水素水を意識的に飲むという習慣ができて、一日に飲む水の量が増えたのでトイレの回数や量が増えたと思われます。

体内の水は入れ替わるー水は生命の根源」のページにも書いていますが、私たちが毎日の基礎代謝として必要としている水の量は最低2リットルといわれており、それ以上に飲むと体から排泄され、体のデトックス効果が高まります。

私の場合水素水を意識的に飲む前は、お茶を飲む回数が多かったので恐らく一日に1リットルは飲んでいたでしょう。

photo8お茶は好きなので、量は少なくなったといえどもやはりお茶を飲む習慣はやめられません。それに加えて水素水を飲むようになったわけですから、おっしこがちかくなるのは当然でしょう。

尿が増えて予防や改善ができる病気はたくさんあります。たとえば糖尿病は血液中の糖分が過剰になる病気ですが、水分を多量に飲んで尿で排泄すると、改善効果があるそうです。

糖尿病の改善と水素水の効果」のページにも書いていますが、水素水はインスリン受容体の酸化損傷を軽減する効果や糖代謝を促進する働きもありますので、水素水を飲むことで尿を増やすことは糖尿病の改善や予防に多いに効果があります。

また、「痛風の改善と水素水の効果」のページにも書いていますが、痛風はプリン体の分解による尿酸の結晶が血管内にたまって起こる自己免疫疾患の病気ですが、水素水を飲むことで尿を増やすことは尿酸の排泄量が増え尿酸の結晶もできにくくなるので痛風の予防にもなるのです。

また、「腎臓病・結石の改善と水素水の効果」のページにも書いていますが、水素水を飲むことで尿を増やすことは、腎臓結石をできにくくすることができます。

ただし、普段から頻尿ぎみの過活動膀胱などの持病をお持ちの方は、水素水で尿を増やすことはあまりおすすめできません。夜中の排尿でトイレに行く回数が増えすぎると、睡眠不足にも影響があるかも知れませんのでご注意ください。

病気の予防や改善に、「水素水」を生活に加えた未来志向のライフスタイルをぜひご検討ください。

おすすめの水素水は
<<水素水おすすめランキング(比較)>>
のページをごらんください。