水素水おすすめランキング(比較)
★水素水おすすめランキング(比較)>水素水の選び方の参考記事一覧

◆水素水の選び方の参考記事一覧について

水素水の選び方の参考記事一覧です。 ご覧になりたいページのクリックをお願いします。

◆水素水の選び方

photo9水素水の選び方その1 ●水素溶存濃度

「水素水」で一番重要な点は、飲むときの水素濃度です。充填時の水素濃度も参考になりますが、製造現場から自宅まで届けられてくるわけですから、それまでどれだけ「水素」が減り、実際に飲む時どれくらいの溶存濃度・・・

続きを読む>

◆容器入り水素水とサーバーどちら?

photo83容器入り水素水はアルミパウチ容器やアルミ缶容器で販売されていますが、いかに水素が抜けにくく工夫された容器でも、製造されてから消費者が口にするまでの間に水素は抜け続けていきます。

容器入り水素水と水素水サーバー・・・

続きを読む>

◆パウチ入り?自分で作る?どちら

photo5高濃度の水素水が売れ筋の主流になっていますが、そもそも水に水素が溶ける限界(飽和水素濃度)は1.6ppmといわれています。

この飽和水素濃度にできるだけ近い状態で水素水を飲むことが、水素を体内・・・

続きを読む>

◆250mlと500mlどちらがいいの?

photo9世界的な医学誌のネイチャーメディシンで、日本医科大学の太田教授の水素水の論文が発表され、世界中が注目したのが2009年のことです。

水素水はその後2012年の「はなまるマーケット」というテレビ番組で放映され、一躍ブームになりました。

続きを読む>

◆ペットボトルの水素水はダメ!?

photo4容器販売の「水素水」でペットボトルのものが見かけられます。

ペットボトルの原料は高分子なので透過性があり、低分子の「分子水素」はすぐに抜けてしまいます。 自宅で作る水素発生式のスティックを使ったものでも、ペットボトルから・・・

続きを読む>

◆ナノ水素水とナノバブル水素水

photo84容器販売の「水素水」でペットボトルのものが見かけられます。

ペットボトルの原料は高分子なので透過性があり、低分子の「分子水素」はすぐに抜けてしまいます。 自宅で作る水素発生式のスティックを使ったものでも、ペットボトルから・・・

続きを読む>

美容と健康のため、ぜひ一度水素水を生活に加えた未来志向のライフスタイルをご検討ください。

おすすめの水素水は
<<水素水おすすめランキング(比較)>>
のページをごらんください。